仕事しながら気ままにパッチワークをしています 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリギュラ

「カリギュラ」のあらすじです
(注:あくまでも私が読んでまとめたものなので、内容の違いがあれば
   ご容赦ください)

ローマ帝国の皇帝・カリギュラは、妹であり、最愛のドリジェラの死に
深く悲しみ、信じてきた運命に、神に絶望し、宮殿から姿を消す。
3日後、戻ってくると、単に行方を心配したり帝国を行く末を心配する家臣たちの声が。カリギュラはそれらに失望し、自分の真理の方向を転換させ、神にそむき、自分が運命を作ることを決意。
カリギュラを心から理解し、カリギュラも信頼している側近のエリコンと愛人のセゾニアとともに、独裁者となっていく。
決意から3年経ち、カリギュラの悪政による犠牲者は多数となる。家族を殺された者、財産を没収された者、妻を奪われた者・・・その怒りと憎しみは増大していった。しかしカリギュラに恐れを抱き、取り繕うものばかり。そんな中、正義感の強い貴族ケレアは、何度かカリギュラに政策転換を進言するが、カリギュラは直接論議することをせずはぐらかすような態度をとる。この態度に「気がふれている」と怒りを抱くケレアやその周囲の貴族たちは、改革が必要で、そのためにはカリギュラを暗殺すべきだと、画策を始める。
このことを知ったエリコンやセゾニアはカリギュラに生命の危険が迫っていることを伝え、逃げるよう説得を試みるが、自分の生命の終わりでさえ自分が求めた運命 といい、忠告を聞き入れない。
さらに、不条理な道理を押し付け、家臣を殺害するカリギュラ。

幼いころからカリギュラに目をかけられていた詩人のシピオンは、父親をカリギュラに殺され、憎む存在に。ケレアからカリギュラ暗殺の先頭に立つことを要請される。しかし、独裁者でありながら、自分の真理を持つカリギュラに対する自分のあり方に悩み続ける
そしてカリギュラとケレアが暗殺計画について直接対談。

自分の掲げた道理や運命を貫くために死をも恐れないカリギュラ、
カリギュラを守ることを貫くエリコンとセゾニア、暗殺を決意したケレア、その狭間で悩むシピオン  そしてある夜


ここから先は、私の感想です。興味ある方はどうぞ
最初読んでいると、このカリギュラの道理というか理屈が理解できないんです。常識的でないという感じ(私が常識的かどうか自信はないですが)
たとえば、国の財政難を心配する財務長官に「貴族たちの財産を没収しろ、そして処刑しろ。処刑の順番は適当に決める」みたいな。
こんなのがいっぱいだし、真剣な忠告に対しても、変な理屈で覆させるし。こんな人、周りにいたらたまらんって感じです。
なかなか理解もできずイメージも湧かずでした。
しかし途中で、ふとある人物が浮かんできました。
「利家とまつ」で反町隆史が演じた 織田信長 です
あの独裁的で、非情で、強い人。
人の心理を見抜くような鋭い眼。自分におののいてうわべで接してくる家臣に
無理難題を出して、自分の浅はかさを思い知らす。
自分が心を許せる人には穏やかな表\情を見せ、また一人になったら、月を眺めて・・・
でも気分が戻れば、「おれは神」モード。そして非業。
自分に反感を抱く明智光秀に対して更に挑戦的な態度を出して、自分が上であると知らしめる
でも自分の死に対して恐れは出さず、運命に任す!
そして運命の日・・・

こんな感じですが、イメージできますか?

蜷川さんの演出でどうなるか、旬くんが演じてどうなるか、自分勝手なイメージしただけなくせに変えていただけることに期待している私。

ついでにいうなら、舞台のイメージは、暗い闇と月明かり なんです。
冷たい大理石の宮殿に、ろうそくの灯か月明かり。
自分の真の姿は月明かりの下にあるみたいな感じです。
暗い闇の部屋に鏡があり、ベッドだけが置かれて(舞台設定で書いてあるんです)月明かりがあって。
そんなとこでしょうか

だだ、24歳以上の大人のオーラは必要だなと思います。
若くても30歳くらい。
世の中や人間の本質がわかりきってるモードで長い台詞を言うんです。そして、悪人ぶりもエアロンの比ではなく、とても奥深いんです。
ただ怒りをぶつけるのではなく、自分の悪に説明ができ、人に押しつけられる。強迫な言葉が連続して。

黒いマントを引きづり、振り向く時は激しく払う。
半裸姿もあり、偉そうに佇む。周りをみて、目線をはずさず相手に迫る。
そんなカリギュラをつい妄想してしまいますが、
舞台にいるだけで凄みMAXです。

しかも、長い台詞の連続。「お気に召すまま」でのジェイキズ(高橋洋さん)の人生の七段階の台詞みたいな長いのが多いんです。
短くても3~4行ぐらい。

この役で旬くんはまた一段と飛躍するでしょうね。
私は旬くんが今以上に全力投球する事を期待もし、真面目だから無理するかも?と心配もしています。
でも、旬くんは さらっとやってのけるのかも知れません。

本当に楽しみな舞台だろうと思います。

乱筆乱文ですみません。
私の勝手な感想ですが、頭の中はまだまだ盛りだくさんです。なんかあったらまたアップします。
コメント
「カリギュラ」読破、おめでとうi-197
そして、とても分かりやすくまとめてくれてありがとうi-179
misayann、感想文とか得意なんじゃない?
要点をしっかり押さえながら簡潔にまとめるのって難しいのにすごい上手やなぁi-189
本や映画の紹介文書けるよ(笑)。

極悪非道ぶりが全面的に書かれてるとはいえ、独裁者としてのカリギュラばかりが注目されてしまうのは、少しかわいそうな気がします。

愛する者を失って、また人を信じる心をも失った悲しみや、
もう人を信じて傷つきたくないi-197
といった恐怖が、あれだけの憎しみや怒りにつながったのではないかと思いました。

けど・・・ちょっとやりすぎよね(笑)。
ほんま周りの人間はたまったもんじゃないしi-202
けど、それだけカリギュラが臆病で弱い人間だったのかもしれないね。

やられる前にやれ。

そう呟きながら悪の限りを尽くすカリギュラの姿を想像した。
私のも勝手な解釈やけどi-229
表から裏を想像するのは楽しいし、それぞれのカリギュラがいていいんじゃないかとも思うしね。

misayannの、想像を裏切ってほしいって気持ち、よく分かる。
旬君のカリギュラを観たらまた違う解釈が生まれるような気がするもん。
旬君にしかできないカリギュラを作り上げてほしいi-197それを観たいi-199i-237

そして織田信長&カリギュラ類似説ですが、私も同感。
なんせ天上天下唯我独尊ですから(笑)。
信念的に比べるとカリギュラより信長の方が理解できるな。
あのカリスマ性はカリギュラを演じる上で加えて欲しい要素ですね。

ちなみに武将の中では織田信長LOVEi-178やねん(笑)。
本能寺での最後の舞「人生五十年」は、何度見ても号泣してしまう私ですi-241

2007/09/01(土) 22:53 | URL | satomeena #4EOXyL8s[ 編集]
>satomeenaさん
お褒めいただき、ありがとうございます~~i-179
なんせ、かなり下書きしたもんですから(笑)
感想文も、子供の宿題が来る前に仕上げようと必死だったんで。
読んで(というか凄く薄いのよ)、時間たっちゃったけど
でも凄く印象に残る話です
旬くんの舞台を見たら、しばらく病気になるかも知れないわ
といいながら、いけるかどうかもまだわからんけどね

satomeenaさんは、「The 男」が好きなのね
源治もそうだし、織田信長もそうなんだ

あとでちょっと思ったンやけど、男 プラス 何かがあるのが
カリギュラのような感じ
なんて言うんだろう うーん、わかんない
あー 早く見てーエ

2007/09/04(火) 19:29 | URL | misayann #-[ 編集]
初めて書き込みます。ちょくちょく拝見しております。また遊びにきます!
2008/10/28(火) 12:52 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カリギュラ シアターコクーン

テレ朝・石井希和アナおめでた(続きを読む)「カリギュラ」主演の小栗旬さんよりイープラス独占メッセージ到着!◎「カリギュラ」 11/7(水)~11/30(金)@Bunkamuraシアターコクーン(東京) 作:アルベール・カミュ演出:蜷川幸雄 出演:小栗旬/勝地涼/長谷川博己/若村麻由美/

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます
プロフィール

misayann

Author:misayann
パッチワークとキルトを仕事の合間にやっています
関西在住。ほかに韓国ドラマも好きです

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「小倉百人一首」
問い合わせ先
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。