仕事しながら気ままにパッチワークをしています 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOYAKI

今日は旬話ではありません
私の大きなボヤキです

どうしても自分の中から出さないと押しつぶされそうになるので
あえて書きます
4月から主任となり、今までとは立場が変わってきました
主任経験者の友人からは、主任が一番しんどいということを聞いていました
ほんとはやりたくなかったけど、今の病院でずっとやっていくためには
役職が必要になっていくだろうし、上からの命令でもあったので
すんなりなってしまいました

もちろん、それまでの主任が異動することになり
その風当りは覚悟していました

そして、これまでだてに仕事していたわけではないので
自分の欠点なども踏まえて
あまり前に出ることなく、自分が主任であることも主張せず
時間がかかることも覚悟して
やってきました

でも、主任が一番難しいのは
現場の管理をしながら自分もスタッフと同じ仕事をしなければならないことです
管理研修もまだ受けていなくて手を抜くところもわからず
真っ向勝負、全力投球しなくてはいけないという状況に
なってしまいました
新しく赴任した師長が、病棟を変えようと躍起になり
従来からいるスタッフからは反発があり
そして師長の改革案の無理に対して、月日が経つごとに
物言いしなければならなくなってきたのが
大いなるストレスのピークでした

2年といえどスタッフとしてやってきて
所属する病棟の特徴は、言いも悪いもわかっています
師長が進めたい改革の意図はわかるけど
それが一貫性がなく、具体的な計画が見えず
行き当たりばったりで言ってることに、病棟がついていけない
事は明らかでしたが、その方法論を論じても
「それじゃ時間がかかるでしょ、とりあえずやったらいいのよ」で
一掃されるようになりました

私は昔からこの行き当たりばったりが嫌いです
日常生活は別ですが、仕事での行き当たりばったりに
いい結果がついてきたことはありません
見切り発車というのにも何度も痛い思いをしてきました

時間はかけたくないけど、変則勤務をしているスタッフ全員に浸透させには
時間がかかるし、浸透しないことで起こるのはインシデント(事故未遂やミス)です
それで苦しむのはスタッフです
そうやってやめていく同僚や後輩を何人も見てきたから
そうなりたくないという思いで意見を述べると
師長から疎まれるんですね
小さなことも細かくいわれだし
私の主張は聞いてくれなくなり
仕事の結果にも変な比較を使って悪い評価を持ち出し
しまいには、「黙っとけ」でした

だから 踊るFで室井さんが「組織の中にいて大事なのは信念を持つことだ」といったとき
涙がでました
自分自身も至らない点は多いにあります
こういう状況になるのも、自分の未熟さが大いにあると思います

だからどうしようのできない空洞にいるみたいで
自分がやり切れなくなっているのです

鳥飼君が最初に建白書を作ってましたが
私はまだそういうのもできてません(心の中ではあるんすけど)

鳥飼君は、理不尽な命令に従いつつも、いろんな形で
自分の意見を出して何度も何度も却下され
その最終手段だったわけですから
私もくじけずやっていかないといけないんだ
と踊るで少し励まされたんです


でも

昨日ダメだしが来て
くじけてます


ほんとにHELP ME


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

misayann

Author:misayann
パッチワークとキルトを仕事の合間にやっています
関西在住。ほかに韓国ドラマも好きです

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「小倉百人一首」
問い合わせ先
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。