仕事しながら気ままにパッチワークをしています 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならがいえない

舞台挨拶は、どこのもやっぱり盛り上がったようですね

大阪の現場だけは知っているので、なんか想像はつくんですが
それでも、やっぱり見たかったーー感は、いっぱいです

舞台挨拶も、お芝居も大阪ではしばらく見ることができませんが

また次に向けて、励んでいかなくてはなりませんね

また違う出会いができたらいいんですが・・・


ところで、花男の2回目の感想をつづってみました




前回の感想で「愛するって、信じることだ~~~」と
感動しておりましたが

再び見ると、しっかりとつくしちゃんが言ってましたね・・・^^;

One Love の歌詞にもあるように、今回の映画のメインテーマでした

もちろん、このことにも再び感動したんですが
今回強くジーーーーン ときたのは

愛される ということ  です

どうしても「いってまえーー」感覚の私は、好きだー ということに
大きな価値を抱くんですが

よくよく見てたら、つくしは道明寺に、トコトン愛されて
その愛を信じることで、ここまでやってきたんだな~って思います

もともと先に好きになったのは道明寺だし、その一生懸命な姿に
心うたれて発展した恋ですから・・・

でも、道明寺の

「お前の存在に惚れてるから・・・」  

これは、かなりきました~~~

女として とか人間としてではなく、存在に惚れてるって
自分そのものを受け入れてくれてる ってすごくよく伝わってきます

もちろんその後の道明寺の台詞にも、かなりジーーンときたんですが

もひとつ、ジーンときたのは、F3が
「まきののために着た」というところ

道明寺との友情の強さがあっての行動なんでしょうが
それでも、「お前のためにきたよ」って
ホントに言われてみたい(><)


類に対してはデスネ、

今回しっかり類をガン見したんですが

なんかいまひとつ、終わりというか、さよならという感情が
わかないんですよ

あまりにも飄々としすぎているからかな~~?

旬くんが類を演じるのは、もう二度とないんでしょうけど
テレビシリーズにしても、DVDにしてもいつでも見れるから
あえて、さよならが出てこないんでしょうか~~?

そう考えたら、新一もコウくんもきっともうないんだろうし

佐野君だって、SPで最後になることになるわけです
でもどれにもさよならはしてないよな~~

類は特別だ と思っていたんですが

まだまだお別れできないようです

まだ前売りが残ってますから、そのときはまた感慨深いモノになるでしょうか?


でも、やっぱし、あの類が放つ、特殊なイントネーション

なんか和みますね~~~

類は永遠です
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/15(火) 12:59 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

misayann

Author:misayann
パッチワークとキルトを仕事の合間にやっています
関西在住。ほかに韓国ドラマも好きです

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「小倉百人一首」
問い合わせ先
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。