仕事しながら気ままにパッチワークをしています 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり、類が好き  その2

今日の職場では、私は「花男F」の広報マンになっていました

同じように映画に行った後輩とは、めーいっぱいもり上がり、

他の人の事も考えて、ネタバレしない程度に共鳴しあうのは、至難の業でした

また、映画に行きたいといってる人には、めーいっぱい勧めてきました

中には、牧野家のしみったれた貧ボーな状況が好きと言って、テレビシリーズを
見ていた人がいるんですが、そういう場面があった?と聞かれ
「残念ながらそういう場面はなかった」と答えると、
花男は貧乏でないと・・・・ と持論を述べられました

逆にとってもセレブな世界でしたからね

にしても、やっぱり寝ても覚めても、花男になってます

まあ、類をじっくり見てなくて、また何回も見るぞ という予定なんで
今は花男に浸って、幸せ~~という感覚です

とにかく私が旬くんの映画を見て、旬くんよりストーリーにのめってしまったのは
実に初めて。

花沢類も含めて、あの世界が、つくしや道明寺が実在していても
おかしくないと思えるほどの存在感
そして、真央ちゃんと松潤が、ホントに恋人同士であるような感じが
ずっとしていながら、映画を見ていました

テレビでは類しか見てないって感じだったから、今回の映画で
私にとってはマンガやアニメと同様にどっぷりハマってしまったって感じです



ところで、

類に関してなんですが

私はもともと原作から花男が好きで、その頃から花沢類が大好きでした
王子様というよりも、普通なんだけど、
クセがあり、追いかけたくなるような存在。

アニメになっても、山本耕史くんの脱力感たっぷりな雰囲気の中での
男らしさと、普通っぽさが好きでした

そしてテレビシリーズで旬くんがやると聞いたとき、

正直、えーーーっ !

イズ・エーやロボコンみたいに寡黙な感じになるのか  とも思いつつ、
やっぱり想像つかなかったんです

しかし、徐々に旬くんの作る花沢類が見られるようになって

やっぱし、原作の花沢類とは違う! と確信はしたんですが

逆に、旬くんの作った花沢類に、どっぷり堕ちてしまいました

だから自分で、小栗類だ=と思い、ひたすら追いかけてきました

とにかく異世界ちっく

小栗旬とは明らかに違う、特殊な存在です

あの髪型も、衣装も、仕草も、話し方も、とにかく特殊すぎて
でもそれが心に響いてくるし、私自身も現実から離れた世界に
入れてしまう、癒しの王子様になってました

決して、甘くやさしい人ではないんですが
あのクセのある飄々さと、鋭さがとても好きでした

そしてリターンズが終わるとき、この類との「さよなら」に
ホントに涙しました

何回もリピして、目に脳に焼きつけました

なぜここまで悲しいのかと疑問に思えるくらい、悲しかった

仕事も手につかず、リピしては、ハア~~

旬くんがすぐにクローズ仕様の髪型にしたこともあり、これであの類は
ないんだ~という、気持ち

後に旬くんがいろんな思いで、類になっていたこと
小栗旬≠花沢類であることをいろんな言葉で伝えていること

だから、もう二度と花沢類は出てこないんだ~という決定感

このすべてから立ち直るのに必死になっていました

だから、今回の類は、最高だし、さらに旬くん自身がいろんな思いを
乗り越えて、最後と思って取り組んでくれたから、
とってもスッキリした気持ちで見れる、類であると思うし、

実際映画を見て、スッキリした気持ちになりました

とにかく次回は、類を見て、またフクザツな思いも感じるとは思うけど
いい形で納得していきたいです

まあ、語りつくす言葉をあまり知らないので
こんなぐらいですが、考えてる思いはいっぱいです

またしばらく、いろんな表現をしながら、小栗類に対する思いを
出していきたいと思います







コメント
misayannさんの小栗類感、読みごたえがありましたv-237  misayannさんの考え方、やっぱり好きですv-10
2008/06/30(月) 23:59 | URL | まおみ #-[ 編集]
さすが
旬くんわ
素敵ですよね!
みてるだけで
元気がでちゃいます(・∀・)
はなしわかわりますが
旬くんの
一番最近の日記の内容どんなのだたか
教えてくれませんか?
2008/07/01(火) 01:29 | URL | あき #-[ 編集]
私も、はじめは旬くんが類をやると聞いて、え~?・・・でした。
でも、ドラマが進むうちに、どっぷりとはまっていました。
小栗類がいなかったら、今の私はいなかったでしょう。(笑)

あの、せつない表情が・・・
あの、つくしを見つめる優しいまなざしが・・・

類に、さよならなんてできません。
ずっと、暖かく心に残しておくつもり・・・
「花男F」はまだ行けてませんが、心して望みますよ!
2008/07/01(火) 14:37 | URL | konkon #-[ 編集]
>まおみさん
ありがとうございます
なんか照れるけど・・・でもいろんな思いをもてるキャラなんで
どうしても語りつくせませんわ
追々、だしていきます
よろしくお付き合いください
2008/07/02(水) 19:32 | URL | misayann #-[ 編集]
>あきさん
ありがとうございます
元気も出るし、夢の世界へ連れて行ってくれる
ナビゲーターみたいな存在です

ところで、いろんな事情があるとは思うんですが
旬くんのブログの内容はこの場ではお伝えすることはできません
相談には乗りますので・・・・

2008/07/02(水) 19:35 | URL | misayann #-[ 編集]
>konkonさん
私もやっぱりさよならはできないと思います
どんなに、これで最後といわれても、私の中では
FOREVERなんですよね~~

映画いけたようですね
おめでとうございます~~
2008/07/02(水) 19:38 | URL | misayann #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

misayann

Author:misayann
パッチワークとキルトを仕事の合間にやっています
関西在住。ほかに韓国ドラマも好きです

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「小倉百人一首」
問い合わせ先
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。