仕事しながら気ままにパッチワークをしています 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に召すまま 8/6 ソワレ レポ

昨日の感動の余韻に浸りながら、感激翌日の今日を過ごしています
この気持ちを簡単に言うならば
素晴らしいぞ 蜷川さん   ステキです 役者さん
めっちゃ格好いい 小栗 旬

この3点についてレポします
今回、私は原作を3回読んで臨みました。だから、ストーリーや短い台詞は頭に入っていたわけです。これを蜷川さんがどう見せてくれるのか舞台がどうなっているのか、役者さんがどう演じてくれるのか、とても期待満々で梅芸に入りました。
梅芸はコクーンのような二階造りではなく、でも15列ぐらいの後ろに横通路があり、ほとんどはこの通路から左右の扉横に役者さんははいります。旬くんは最初この右通路から登場!!
その横通路から後ろの席は急斜方の席なので、ほぼ後ろの列に座った私ですが、上から見下ろせるという感じ。
役者さんの顔はあんまり見えませんが、舞台全体と森の奥と左右から出入りする役者さんの動きはほぼ見えます。そんなに悪くはなかったですよ。でも双眼鏡は必携です。双眼鏡越しのオーランドー、ロザリンド、シーリア・・・ 綺麗でした。
登場はみんながダアーっと入ってきてその勢いは 青年劇団???
(この勢いなら、通路に荷物置いたら危険なのがわかる)
しかも、旬くんはその場で着替えて準備するもんだから、あれれ?シェクスピア?蜷川さんの舞台って一体?って気になりました。
でもこのラフさが、役者さんの勢いにつながるんですよね。展開がだんだんスピーディーになるのにもうなずいてしまいました。
そして客席が引き込まれる魔術のように見えました。
私は特に森の照明が好きでしたね。暗い森の中で朝・昼・夕方・夜と照明がすべて変わります。
まるで太陽があるような綺麗な日光になっているんです。
USJのETの森のような雰囲気もありました。
焚き火の火も本物でしたね
森もかなり落差のある状況で旬くんもナリ君も駆け上ってました。
あの役者さんたち、何往復したんだろ?
音楽はロックだったり、いつもの静かな曲だったり、場面に応じて使い分けられていて、とてもマッチしてました。(こういうの好きですね)
全体的にスピーディーだったんですが、展開が様々にあるので、全くだれる暇なし。
そして笑いどころが実に多い。吉本新喜劇よりナチュラルに笑えます
シェイクスピアにある言葉遊びに近い台詞をさらに面白くさせてくれています。オーランドーが木にはった手紙、それを読むロザリンドの読み方(小学生本読みに聞かれる特有のイントネーション)、そして韻の踏み方をレクチャーするタッチストーン(田山さん)の言い方と振り付け。  すごかったです  笑えます
シーリアも、しれーっとしてて、ツッコミバンバン。と思えば、ロザリンドやオーランドーに翻弄され、振り回され(って、ほんとに振り回されてました)
私の笑いのつぼは、タッチストーンシーリアです。
本ではスルーしていた歌も、メロディーがつくとすごくいいんです。
またこの歌がうまいんだ。声の伸びが良くて。この歌を聴くと、
あ~~舞台だ~ って思いました。
ホントに蜷川マジック 素晴らしいです

そして、旬くん
黒柳徹子さんが言ってた「格好がいい」  まさしくそれ
そして、いろいろ雑誌とかドラマとか出てても 生が一番
これに尽きます。
少しやせたように見えました。あごのラインがますますシャープになって少し頬がこけてた?
最初は声曇ってる?って思ったのですが、レスリングのところから
しっかりいいお声。私は演劇に詳しくはないので声が通っているかどうかはわからないのですが、いい感じでしたよ。 表情もすごく良かったと思います。
一番のつぼは
木の上でロザリンドがくるのをひたすら待ち、たたずむところ

黒のタキシードできりっと立っているから、ほんとに格好いい

小栗 旬   ほんとにいいよ
この姿が今でも脳裏だけでなく表にも焼きついてます
あのせつない顔。。。いつもこれにやられるんですよ
しかも、この生バージョンですよ   クラクラでした
あとは、「きみ、かわいいね」の台詞
言われたいとかじゃないけど、あの言い方 声フェチにはたまらない
キスシーンにしてもその後のロザリンドを守りつつ立ってる姿も
ダンスも あの静止状態も アダムを背負っていくあの力強さも
今日一日ずっと頭に浮かんでます
もう自分の目がカメラで、SDカードでも入っていたら、消えることなく何度も見れるのに   
 つくづく思いました
(旬くんには悪いですが、やっぱDVD出して欲しい)

しっかりスタンディングです。
感動してたたく手も痛かった
でも、旬くんは投げキッスしてくれるし、
ナリ君はドレスめくってくれるし、旬くんの背を向けた後の手の振り
すべてが良かったです
そして上から見下ろすスタンディングのすごさ
圧巻です 
生きてて良かったって思いました。

明後日は前5列めです。双眼鏡なしで、生の旬くん 堪能してきます

コメント
misayannさんこんにちは!オロウです。
おお、ついに観にいかれたんですね・・・!
レポの方、じっくりと読ませていただきました。
旬くんに対するmisayannさんの愛がよく伝わってきます笑
どこから見ても旬くんは格好良いと思いますが、
やはり近くで見るのが一番素敵ですよね^^
9日も、じっくりと堪能してきてください。レポも、よろしくお願いしますね。
2007/08/08(水) 10:51 | URL | オロウ #Mpxt1VkU[ 編集]
すいません、思い切り感想文になってしまって

久々に長文書きました
詳しい状況は、ほかの方のレポを参照してくださいm(__)m

ただ、旬くんのかっこよさが前面に出てしまったのですが
観劇中は、私も含めキャー声が全くでないで、ただ舞台に夢中でしたね
役者 小栗旬の良さを感じてました
欲を言えば、ナリ君や田山さんたちが、客席一体型の芝居  請う語りかけるような台詞や表情が出ていたのに対し、旬くんはマイワールドなんですよ
オーランドーになりきってしまうんです
ガラスの仮面の北島マヤのように
アドリブもあったんだけど、マイワールドでしたね
これがいいのか悪いのか、わヵんないので今度確認してきます


2007/08/08(水) 21:24 | URL | misayann #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

misayann

Author:misayann
パッチワークとキルトを仕事の合間にやっています
関西在住。ほかに韓国ドラマも好きです

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「小倉百人一首」
問い合わせ先
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。