仕事しながら気ままにパッチワークをしています 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りの君 最終話 part 1

この最終話の感想が終わったら、きっと、ひとつの大きな
楽しみが終わるんだろう・・・と思って
ちょっと先延ばしにしてた私ですが

昨日の、ぽっかり空いた9時からの時間を先に味わってしまったので
思い切って、アップすることにしました
そんな、大げさなことではないのかも知れないけど
12週間、いえそれ以上、どっぷりとはまってしまったので
大変感慨ふかいものがありますね
花男のときよりスゴイかも知れない

まず、私の感動ポイントを・・・
この最終話は常に、涙、涙、 で観てます

もうこの一週間何回もリピしているんですけど、必ず泣けてくるのが
中央君の「うるせーんだよ!お前らそれでも男か!~~
半年間友達やってきたんだろう!~~~」
のセリフ

そのあと、マー君が謝って、2-Cのみんなが瑞稀をかばったり、仲良くなったり
本当の仲間になっていくところ  です
女である瑞稀が周りにばれて、責められるのは致し方なし と
割り切っていたぶん、こんな状況はググ~っときますね

もちろん佐野クンや中津君がいろいろフォローしていたおかげでは
あるけど
お別れシーンで思い出シーンが出てくるとき
瑞稀が、真希ちゃんがみんなの中にかなり浸透しているなと思いました。
だから余計にうれしかったのかも

そして、私のツボは 天王寺寮長
「いろいろ辛いこともあったろう、でも良く頑張った」
そして、力強い 励ましの ベイベー
そのあとの真希ちゃんの泣きながらの ベイベー 
これは キマシタネ  マジでやばい

このあとの、石垣君の笑顔   忘れられないいい顔でした

そして難波君のコメント。一見お別れにはよくある言葉なんだけど
なんか よかった、 ピッタシだった
「いつでも駆けつけてやっからよ」来て欲しい~~
そのあとの 瑞稀の 「・・・ハイ・・」 可愛いです

やっぱ、花桜会、かっこいいんですよ  白い学ラン姿のオスカーは最高!
しっかりみんなをまとめているし、盛り上げているし。
なんせ、超演技派ぞろいだし。
主役の3人のドラマが成り立っていたのも、この花桜会のおかげと思う。

もうひとつの感動ポイントは。佐野クンのお父さんのセリフ
「いいか、一人じゃバーは越せない。誰かのために生きろ
そうすりゃ、何だって乗り越えられる」

なんかいい言葉でした。いろいろ思い違いしていたものが
なんかスーッとしました
つい、何でも一人でこなせてると思っていたのだってきっと違うし、
越せないことに悩んでいるのだって、また違う

あとで、りの君 総括でも出しますが
いろいろ考えさせられた言葉でしたね

このドラマ、最初は旬くんありきで見ていたけど
いつの間にか、全体で楽しめるドラマになってたのも、この最終回の
感動です。

噛めば噛むほど、観れば観るほど味が出る
そんな最終話でした

本題の佐野クンについては、次に・・・


コメント
私も中央くんのセリフグッときたよ。
セリフを言う前にかばんを机にバーンとやるのも
すっごく印象的だったな。
3寮長の演技はすばらしかったですよね~。
とても個性も出ていましたしね。
期待以上のドラマでした。
2007/09/27(木) 15:49 | URL | MiChiKa #PTRa1D3I[ 編集]
>MiChiKaさん
いやー ツボいっしょですね
かなりの回数観たので少し泣くのは減りましたが、いいドラマでした。
旬くんについての感想も読んでね\(~o~)/
2007/09/30(日) 02:04 | URL | misayann #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

misayann

Author:misayann
パッチワークとキルトを仕事の合間にやっています
関西在住。ほかに韓国ドラマも好きです

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「小倉百人一首」
問い合わせ先
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。